体のS字カーブを正しく支え、自然な体圧分散と

反発性をもたらす自然素材100%のマットレスシステム

日本人の4人に1人が睡眠に問題を抱えているといわれる現在、質の高い睡眠を得ることは健康を維持するためにも大変に重要です。それでは、快適な睡眠を得るにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

上質な睡眠のために必要なのは自分にあった敷寝具

最も基本となるのは敷寝具であることを理解しましょう。背骨は体をコントロールするもっとも重要な要素です。不自然な寝姿勢を強いられる敷寝具を自分にあったものにすることが大切です。しばしば、快眠のためには枕といわれてきましたが、枕は敷寝具の一部です。一度購入すれば10年以上毎日使うものですから、慎重に選ぶべきでしょう。

 

環境へのこだわり、天然素材志向が強いヨーロッパ

ヨーロッパは睡眠に対しても環境に対しても先進的です。その中でも天然素材100%にこだわったメーカーは少なく、その一つがリラックス社です。オーストリア・ザルツブルグ近郊にあるリラックス社は長年にわたって良質のマットレスや家具を生産してきました。特に木と天然ラテックスなど自然素材を使い、体に合わせて調節可能なウッドスプリングとマットレスの組み合わせは、体にストレスの少ない快適な睡眠のためには非常に有効なのです。

 

Natural 100%!

快適な睡眠に必要な金属フリーのマットレスシステムとベッド

ヨーロッパでは電磁波や地磁気の乱れはエレクトロスモッグと呼ばれ、体に悪影響をおよぼすとし非常に高い関心を集めています。特に体を回復させるための睡眠中は、これらの悪影響をできる限り避けるために、マットレスやベッドで金属スプリングなど使わない金属フリー(メタルフリー)の寝具が多く人気を集めています。

 

地球環境にもやさしい、良質の自然素材のマットレスシステム

金属スプリングのマットレスは廃棄時に処分が非常に難しく、ごみの問題が年々大きな問題になっています。木や天然ラテックス、木綿、羊毛、麻など良質の天然素材を使った寝具は、人の体にやさしいだけでなく、最後は土に還る生分解性を持つために、地球環境への負荷も少ないのです。

 

快眠のためのマットレスの条件とは? さらに詳しくはこちらから

快眠のためのマットレスの条件とは何でしょうか?

  1.自然な背骨のS字カーブの保持、横向き寝は背骨が真っ直ぐになること

  2.適度な体圧分散で体の一部分に無理な力がかからず、寝返りがしやすいこと

  3.快適な睡眠環境といわれる寝床内の温度33℃湿度50%をキープすること

  4.体にストレスを感じさせない快適な風合いや使い心地

従来、硬い敷ふとんが良いとされてきました。しかしながら硬いだけでは体の出っ張った部分に大きな負荷がかかってしまい、結果的に寝返りが増えて眠りが浅くなってしまいます。また、低反発マットレスのように体圧分散が良いものの、寝返りが非常にしにくいものでは、これも良質の睡眠にはつながりません。

横向き寝の場合は特に問題です。薄い硬い敷寝具では肩が圧迫され、背骨が曲がった状態になりやすく、肩周辺の筋肉が始終緊張を強いられるために、肩こりの原因にもなります。

Relax社のウッドスプリングと天然ラテックスマットレスの組み合わせは、これらの条件を満たし快適な睡眠へといざなうのです。

 

 

ウッドスプリングを使うことにより、身体に合わせて硬さの調節が可能になります

最も優れているのは、体格や寝姿勢に合わせて硬さを調節できるということです。仰向け寝の場合はお尻が落ち込まないように支えることが必要ですが、横向き寝の場合は、腰をサポートし肩への負担を軽くすることが必要です。また、どのような敷寝具でも、使用しているうちにへたりがでたりすることは避けられませんし、寝姿勢や硬さの好みが変わることもあります。大事なことは、そのような場合に調節が可能になっているということでしょう。Relax社のウッドスプリングは使用される人の体格に合わせて細かく調節することができるのです。

 

マットレス単独で身体のカーブに合わせるのは難しい

ウッドスプリングとマットレス、ベッドパッドをどう組合せるかがポイントです

世の中にはさまざまなマットレスが出回っています。オーダーマットレスというのもあります。長年の経験や研究からマットレス単独だけで、多様な体格に合わせていくのは非常に難しいのです。快適でストレスのない眠りを得るには、身体のカーブに合わせれば良いだけではありません。体圧分散や寝返りの容易さはマットレスの表面の硬さや弾力性に左右されます。また、最適な温度33℃湿度50%を実現するためには、ベッドパッドによる保温と、ベッドパッドとマットレスの水分移動特性を調節し、湿度をうまくコントロールすることが必要なのです。

 

 

調節の幅が広いナチュールフレックス・ウッドスプリング

仰向け寝・横向け寝とも幅広く対応します

ナチュールフレックスは木の板を最大4つのラテックスフォームを使ったサスペンションユニットで支えるようになっており、木の厚さとサスペンションユニットの幅等の調節など、幅広い硬さのチューンアップが可能です。同等の機能を備えた他社製品ではプロナチューラ社のエルゴフレックスやヒュスラーネスト社のリフォーマエレメントなどがありますが、その中でも最も調節の幅が大きいのが特徴です。マットレスは天然ラテックスを中心に7~10㎝ぐらいのものを組み合わせるのが適当です。

 

雲の上の寝心地、と称されるRelax2000

上下のストロークが大きいので、特に横向け寝やふんわり感が好きな方におすすめ

楕円形の木の板と樹脂製のダンパーが組み合わさって、左右中央どの位置においても均等に支えることができ、それぞれのエレメントは5通りの硬さで調節が可能です。ナチュールフレックスに比べると上下の沈み込みストロークが大きいので、特に横向け寝で楽に眠れます。組み合わせるマットレスは少し厚めの13㎝タイプがもっともバランスが良く、ストレスの少ないやさしい寝心地は「雲の上の寝心地」と称されています。

がっちりしっかり感をお求めの方はナチュールフレックスの方が合うでしょう。

 

 

リラックス社のウッドスプリングに組み合わせるマットレスとベッドフレームについて

専用マットレスについて  専用ベッドフレームについて

 

オーストリア・リラックス社 ウッドスプリングとマットレスのベッドシステム 直輸入でお届けします

Copyright(C) 2016 Sawada Shoten 転載禁止

お問い合わせ先

眠りのプロショップSawada

 (株式会社沢田商店)

 

〒526-0059

滋賀県長浜市元浜町13-27

TEL. 0749-62-0057   FAX. 0749-62-0094

WEB:www.sleep-natura.jp

Mail :info3@sleep-natura.jp

オーストリア・リラックス社 ウッドスプリングとマットレスのベッドシステム 直輸入でお届けします